京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  た行  > 茶道資料館

茶道資料館

千利休によって大成し、「もてなし」と「しつらい」の美学であると言われる茶道。茶道資料館は、三千家の1つである裏千家の茶道の歴史と文化を今に伝える場所です。


堀川通沿いにある茶道資料館


日本に「茶」の製法が伝えられたのは、平安時代にまでさかのぼると言います。また当初は喫茶としての茶というよりは、薬としての茶として用いられたとも言います。現在私たちがイメージする茶の世界は、その多くが千利休を経て確立されたものです。


茶道資料館を運営する裏千家は、表千家、武者小路千家と並んで三千家に数えられる、茶道の流派、そして文化を代表する名門の1つです。裏千家の歴史は千利休を初代に数えて以来、16代にわたって継承され今に至ります。


茶道資料館では季節、時期ごとにイベントも開催されています


裏千家と言えば重要文化財にも指定される茶室、「今日庵(こんにちあん)」が知られますが、千宗旦が再度の隠居にあたって建てた茶室「又隠(ゆういん)」も有名です。茶道資料館内では、「又隠(ゆういん)」のうつしが設けられ、その様子を知る事ができます。


茶道資料館では、茶碗、花入、掛物、その他多くの美術工芸品が展示されており、茶道という日本を代表する文化の歴史、茶道の持つ精神世界に触れる事ができます。また展示期間中は茶道を体験学習するコーナーも設けられ、気軽に参加する事ができます。


茶道資料館の中では、今日庵のうつしも見る事ができます。


一期一会の精神で一服の茶を楽しむ。人と人との出会いを大切に考え、「もてなし」と「しつらい」という心をもって相手に応える。茶道資料館という場所を通じてその世界に触れてみる事で、日常生活の中に忘れてしまった心を思い出す事ができます。


この観光スポットのアクセス情報

名称 茶道資料館 (ちゃどうしりょうかん)
所在地 京都府京都市上京区堀川通寺ノ内上る裏千家センター内
最寄駅 地下鉄烏丸線「鞍馬口」から徒歩15分。市バス「堀川寺ノ内」から徒歩3分
公開時間 9:30~16:30 (最終入館時間 16:00 )
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)、その他展示準備期間中、年末年始
入館料金 ¥500 (特別展開催時は¥800)
電話番号 075-431-6474
 
客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング