京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  た行  > 知恩院

知恩院

浄土宗の開祖、法然上人が草庵をむすび、後半生を過ごした事に由来する知恩院。時代の支配者の庇護を受けながら山門、伽藍は守られ、美しい景観を今に伝えています。


知恩院は浄土宗の総本山であり、法然上人の門弟たちの手によって、仏殿、御影堂、総門などが建てられ、開山、そして確立したと伝えられています。専修念仏の道を説いた法然上人の教えは、現代もなお、門弟たちが受け継いでいます。


知恩院は華やかな祇園の街を抜け、八坂神社の境内を抜けた先、円山公園の北、華頂山に位置しています。旅人を最初に迎えてくれる山門は、日本最大の大きさを誇り、南禅寺の三門、東本願寺の大師堂門と並ぶ国宝です。


山門への石段を登る


威風堂々とした山門の光景には、旅人も思わず足を止め、目を奪われます。そして山門の石段を登り、後ろを振り返れば、京都の街を美しく望む事ができます。知恩院の山門は、京都にいる事、京都の歴史に触れている事を実感できる場所なのです。


山門を抜け、男坂の石段を登りきれば、法然上人の御影を祀るという、巨大な屋根を持つ御影堂(みえいどう)という建物の雄姿を見る事ができます。これらスケールの大きな伽藍の多くは、江戸時代に徳川幕府によって建てられています。


山門から男坂へ


知恩院には数多くの国宝、文化財が集まる他、「知恩院の七不思議」と呼ばれる謎も残されています。例えば、建造された御影堂の軒裏部分には、当時の雨傘だけが残されており、この当時の名工「左甚五郎の忘れ傘」とも言われます。


その他にも、大方丈の廊下にある狩野信政が描いたという猫の絵は、どの方向から見ても、猫が見る人を正面からにらんでいるように見える事から、「三方正面真向の猫」とも呼ばれています。


知恩院の男坂


この観光スポットのアクセス情報

名称 知恩院 (ちおんいん)
所在地 京都府京都市東山区林下町400
最寄駅 京阪電車「祇園四条」下車徒歩15分。市バス「知恩院前」下車徒歩10分
拝観時間 9:00 - 16:00
拝観料金 ¥400
駐車場 あり (乗用車は30台駐車可。1時間¥500)
電話番号 075-531-2111
URL http://www.chion-in.or.jp/
 
合わせて読みたい関連記事
  • ねねの道

    豊臣秀吉の妻ねねが、秀吉の死後に余生を送ったと言われる高台寺圓徳院。その麓にある石畳の道は、ねねの道と名...

  • 祇園 新門前通

    新門前通は、巽橋や辰巳大明神などで知られる新橋通の一筋北にあたります。知恩院の門前町として栄えた町並みは...

  • 祇園甲部歌舞練場

    京都に春の到来を告げるのは華やかな桜の姿、そしてもう1つが「都をどり」です。祇園甲部歌舞練場では、祇園甲...

  • 円山公園

    祇園の八坂神社の東、知恩院の南に隣接し、広大な敷地を誇る円山公園。明治時代に完成した京都市最古の公園であ...

  • 八坂の塔(法観寺)

    京都では「八坂の塔」という名前で、長年にわたって親しまれている法観寺。ねねの道や清水寺からも近く、東山の...

  • 祇園 巽橋

    江戸時代から八坂神社の門前町として、四条通りを中心に発展をした祇園の町。白川の流れる巽橋を中心とした地区...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング