京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  か行  > 銀閣寺(慈照寺)

銀閣寺(慈照寺)

一般的には銀閣寺と呼ばれていますが、正式な名称は慈照寺。臨済宗相国寺派の禅寺であり、1994年に世界文化遺産に登録されました。


室町時代、8代将軍である足利義政の手によって造営された銀閣寺。金閣寺が造られた時代の北山文化に対して、銀閣寺が造られた時代は東山文化と呼ばれ、いくつもの時代を超えて、この建物は引き継がれています。


銀閣寺は京都の東山山麓、哲学の道からほど近い場所にあり、京都市の北部を見下ろす高台に位置しています。創建当時は応仁の乱が終わったばかりであり、荒廃した京都の町の復興のシンボルでもあったと思われます。


銀閣寺の境内


一般的に銀閣寺と呼ばれている建物は、観音殿を指していますが、実際の銀閣寺には銀箔は貼られておらず、漆黒の質素な建物となっています。これは当時の幕府の財政事情から、実現する事ができなかったとも伝えられます。


観音殿は禅宗の影響を受けたとも言われ、下層が心空殿と呼ばれる住宅、上層が潮音閣と呼ばれる仏堂であり、東山文化を代表する建物様式だと言われます。また周囲には池泉回遊式庭園が広がり、東山の自然を利用した名庭を見る事ができます。


銀閣寺の散歩道


銀閣寺を奥へと進めば、足利義政が使ったと言われるお茶の井跡があり、さらに進むと、美しく手入れされた苔が広がる林の散歩道を歩くこともできます。銀閣寺はその派手な名前に反して、「禅の心」が表現された静かな寺院なのです。


銀閣寺から京都市北部の町を望む


この観光スポットのアクセス情報

名称 銀閣寺(ぎんかくじ)
所在地 京都府京都市左京区銀閣寺町
最寄駅 市バス「銀閣寺前」を下車、徒歩5分
拝観時間 8:30~17:00(3月~11月) 9:00~16:30(12月~2月)
拝観料金 ¥500
電話番号 075-771-5725
 
合わせて読みたい関連記事
  • 五山の送り火

    京都の夏の終わりを告げる風物詩である五山の送り火(ござんのおくりび)。毎年8月16日の夜、京都市内の空は...

  • 法然院

    多くの旅人が訪れる哲学の道。ここから少し山を登ったところに法然院はあります。浄土宗の開祖である法然に由来...

  • 哲学の道

    哲学の道は、南禅寺の北、若王子神社から銀閣寺へと至る東山山麓の小道。琵琶湖疎水の流れに沿って続く道を歩け...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング