京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  か行  > 五条大橋

五条大橋

京都市北部の山々から南へと流れ、五条通沿い、鴨川の上にかかる五条大橋。牛若丸(源義経)と弁慶の逸話で名高いこの橋は、今も交通の基点となっています。


時は平安時代、京都の街を通行する武者に対して戦いを挑み、勝った相手の太刀を奪い、1000本にのぼる太刀を集めようとした豪傑、武蔵坊弁慶。そして1000本目の太刀を奪う相手として出会ったのが、牛若丸(源義経)だと言います。


豪傑、武蔵坊弁慶と牛若丸(源義経)が出会い、勝負を挑んだ舞台の五条大橋。義経と弁慶の2人の最期はあまりにも有名な物語ですが、その物語が生まれるきっかけとなった運命的な出会いの場所が、この五条大橋だと言われます。


現在の五条大橋の西詰には義経と弁慶の像が立ち、当時の戦いの様子を今に伝えていますが、この像のユニークな点はとても愛着の湧く像であるという点です。力強い様ではなく、何ともかわいらしい様で表現される像はつい写真に収めたくなります。


この逸話を知る、多くの旅人たちが訪れている五条大橋ですが、実はこの当時の五条大橋は、現在の場所にかかっていなかったと言われます。平安当時の五条大橋は、さらに二筋北、現在の松原通付近にあったと伝えられます。


豊臣秀吉によって架けられた現在の五条大橋は、京都市内における交通の要衝でもあります。幹線道路としての印象が強い橋ではありますが、2人のかわいらしい像が、旅人の訪れを温かい雰囲気で待ってくれています。


この観光スポットのアクセス情報

名称 五条大橋 (ごじょうおおはし)
所在地 京都府京都市下京区河原町通五条東入ル
最寄駅 京阪電車「清水五条」から徒歩すぐ。市バス「河原町五条」から徒歩1分
 
合わせて読みたい関連記事
  • 京都タワー

    京都観光の玄関口である京都駅。その京都駅の正面玄関である烏丸中央口には、ちょっとレトロ、そし何とも印象的...

  • 先斗町

    先斗町とは、北から南へと流れる鴨川沿い、三条通を一筋下がった通から、四条通にかけて、南北約500mあまり...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング