京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  か行  > 五山の送り火

五山の送り火

京都の夏の終わりを告げる風物詩である五山の送り火(ござんのおくりび)。毎年8月16日の夜、京都市内の空は赤く染まり、1つの季節が終わりを迎えます。


五山の送り火は、祇園祭とともに京都の夏を彩る行事の1つです。この送り火の起源については、未だに謎とされており、平安時代初期とも言われますが、一方で江戸時代からとする説もあります。


8月16日の夜20:00頃から、京都市内各地で一斉に点火が行われます。最もよく知られている「大文字」は大文字山(京都市左京区浄土寺七廻り町)で点火され、世界遺産である銀閣寺の周辺は赤く染まっていきます。


「大文字」

【点火時間】20:00頃
【点火場所】京都市左京区浄土寺七廻り町

「妙・法」

【点火時間】20:10頃
【点火場所】京都市左京区松ヶ崎西山・東山

「舟形」

【点火時間】20:15頃
【点火場所】京都市北区西賀茂船山

「左大文字」

【点火時間】20:15頃
【点火場所】京都市北区大北山鏡石町

「鳥居形」

【点火時間】20:20頃
【点火場所】京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町


現在はこの5つが定着していますが、かつては多くの送り火があったと言います。また近年一度だけ、通常とは異なる送り火が焚かれるというハプニングがありました。それは2003年に行われた五山の送り火当日でのことです。


恒例の「大文字」「妙・法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」に加え、「HT」のマークが浮かび上がったと言います。阪神タイガースが優勝した年であり、後になって学生らによって引き起こされたという事がわかったそうです。


長い歴史の中で変化を遂げ続け、中には珍しい事件もあった送り火ですが、今も京都市民にとっては季節の変わり目を告げる大切な行事として受け継がれ、多くの旅人たちをも魅了しています。


盆を終えて、再び死後の世界へと帰っていく精霊たちを送る、先人たちによって信仰され、守られてきた行事はこれからも続くのです。


この観光スポットのアクセス情報

名称 五山の送り火(ござんのおくりび)
所在地 京都市内各地
点火時間 20:00~各地にて (30分ほど燃え続けます)
 
合わせて読みたい関連記事
  • 天龍寺

    夢窓疎石作と伝えられ、見事な庭園で知られる嵐山の天龍寺。古都京都の文化財として、1994年に世界文化遺産...

  • 銀閣寺(慈照寺)

    一般的には銀閣寺と呼ばれていますが、正式な名称は慈照寺。臨済宗相国寺派の禅寺であり、1994年に世界文化...

  • 金閣寺(鹿苑寺)

    一般的には金閣寺と呼ばれていますが、正式な名称は鹿苑寺。臨済宗相国寺派の禅寺であり、1994年に世界文化...

  • 嵯峨鳥居本

    嵯峨野の西北、愛宕山のふもとに位置し、奥嵯峨とも呼ばれる嵯峨鳥居本。伝統的な町並み、民家が残る場所として...

  • 嵯峨野 竹林の道

    嵯峨野に広がる竹林の道。それは大切な人とゆっくり歩いてみたい名所の1つです。青竹に囲まれた世界の中、風は...

  • 大河内山荘

    大河内山荘は、往年の時代劇スターであり、丹下左膳などの作品で知られた名優、大河内傳次郎氏が自身の私財を投...

  • 渡月橋

    京都の中でも、美しい自然に囲まれ、歴史情緒が溢れる景勝地としても有名な嵐山。嵐山の中心を流れる桂川に架か...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング