京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  か行  > 京都御苑

京都御苑

かつての日本の王城であり、現在は京都市民の憩いの場である京都御苑。京都市の中心に位置する京都御苑は、南北に1.3Km、東西に0.7Kmの広さを誇ります。


京都御苑、北側の風景


かつて江戸時代の京都御苑一帯は、200もの公家の邸宅が立ち並んだと言われます。明治時代に入り、明治天皇が東京へと移った後には、これらの邸宅は全て取り除かれ、公園として整備をされた後に、京都市民の憩いの場として開放されました。


京都御苑の中には、京都御所をはじめとして、退位した後水尾上皇のために建てられた仙洞御所、その他にも大宮御所が保存されています。仙洞御所、大宮御所を参観するには宮内庁の許可が必要ですが、京都御所は春と秋に一般公開されています。


その他にも、京都御苑の中には重要な歴史の足跡が多数残されています。「蛤御門の変」で知られる蛤御門、5摂家の1つであった九条家の邸宅内に作られた「九條池と拾翠亭」、京都御苑を代表する風景が見られる「建礼門前大通り」などです。


京都御苑、近衛家邸宅跡に咲く桜


春になれば、5摂家の1つである近衞家の邸宅跡にて、約30本の枝垂れ桜が美しい花を咲かせてくれます。また京都御所の南西側にある梅林には約200本の梅の木が立ち並び、梅林の北にある桃林とともに赤、白、ピンクの花を咲かせます。


地元の人々に目を移せば、ベンチやテーブルで語らうカップル、楽器を練習する学生、京都御苑の南西部にある「出水の小川」で、無邪気に声をあげて遊ぶ子供たちの様子、御苑内に住む野鳥の姿を観察する人々など、心安らぐ日常の様子を知る事ができます。


京都御苑、東側の大文字を望む


京都御苑は歴史を残す場所であるのはもちろん、今も市民に愛され続け、子供や家族連れが思い思いの時間を過ごす、大切な場所になっています。京都の今と昔、京都の人々を知る意味でも、ぜひ訪れておきたいスポットです。


この観光スポットのアクセス情報

名称 京都御苑 (きょうとぎょえん)
所在地 京都府京都市上京区京都御苑
最寄駅 地下鉄烏丸線「今出川」または「丸太町」にて下車後すぐ
公開時間
  • 京都御苑は時間を問わず通行する事ができます
  • 京都御所をはじめとした各建物は公開時期が限られています
  •  
    合わせて読みたい関連記事
    • 上御霊神社

      平安時代の初期にかけて、非業の死を遂げた八名を祭神として祀る上御霊神社。応仁の乱発祥の地として知られる神...

    • 梨木神社

      京都御苑の東、寺町通に面した場所に立っている梨木神社では、京都の三名水の1つ、「染井の井戸」の水を汲む人...

    客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
    平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
    京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
    京都の宿人気ランキング
    国内人気ツアー情報

    口コミ評判投稿数ランキング