京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  な行  > 南禅寺の水路閣

南禅寺の水路閣

かつて京都五山の上に列せられ、現在でも多くの歴史遺産を残す南禅寺。この南禅寺を訪れた人々が、必ずと言っていいほど立ち寄る場所が水路閣です。


南禅寺、水路閣の光景


南禅寺の水路閣は明治23年(1890年)、琵琶湖の湖水を京都の街へと運ぶための水路橋として作られ、京都の産業発展に大きな役割を果たしたと言います。またこの水路閣の完成と時を同じくして、建設されたのが日本で初めての水力発電所です。全長93.2メートル(幅4メートル、高14メートル)という南禅寺の水路閣は、レンガ造りの当時としてはモダンな建造物でした。この当時、京都の将来の発展を担う水路閣の設計と監督を手掛けたのは、若干21歳の若者だったと言います。


東山からの琵琶湖疎水の流れ


古代ローマの水道橋を参考に設計されたとも言われるこの水路閣は、南禅寺の塔頭、周囲の自然とミスマッチに思われがちですが、実際に訪れてみると、アーチ型橋脚のレトロなフォルム、レンガの風合いが自然に溶け込み、1つの景色を成します。


連続して続く美しいアーチの姿、この何とも味のある西洋建築の光景は、多くのドラマ、CMなどでも用いられてきました。現在でも多くの観光客が訪れ、この情感のある光景を目前にし、思わず記念写真を撮影する姿が見られます。


南禅寺、水路閣の光景


この観光スポットのアクセス情報

名称 南禅寺の水路閣 (なんぜんじのすいろかく)
所在地 京都府京都市左京区南禅寺福地町
最寄駅 京都市営地下鉄東西線「蹴上」から徒歩10分程度
 
合わせて読みたい関連記事
  • 蹴上のインクライン

    インクラインとは英語で斜面、勾配等の意味を持ち、蹴上にあるインクラインは、舟運ルートの途中、水路落差のあ...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング