京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  な行  > 納涼床(川床)

納涼床(川床)

納涼床(川床)のある光景を見れば、京都の夏の始まりが感じられます。昼間は鴨川の流れを見ながら、夜は涼を感じながら、京都の美味が楽しめます。


納涼床(川床)の起源を辿れば、江戸時代にさかのぼると言われます。もともとは地元の商人たちの趣味趣向から始まり、その後茶店などが現れ、納涼床(川床)として、京都の人々の間に定着していったそうです。


京都は南以外の三方を山に囲まれた盆地の中で発展してきました。盆地特有の夏の暑さをしのぎ、心を安らげるという意味でも、納涼床(川床)は京都の人々に涼を感じさせる、夏の風物詩として愛されてきたのでしょう。


床と言えば、鴨川の納涼床(川床)が有名ではありますが、京都の人々には、京都市北部にある貴船の納涼床が定番になっています。京都の人々は「床びらき」と呼び、毎年の季節の風物詩を楽しみにしています。


鴨川の納涼床(川床)は毎年5月~9月の期間にかけて見る事ができます。期間中には約90の床が開かれると言われ、喫茶、焼肉、和食、フレンチ、中華、居酒屋からBarまで、先斗町から二条周辺にかけてのエリアで様々な味が楽しめます。


この観光スポットのアクセス情報

名称 納涼床(川床)
所在地 京都市下京区~中京区、鴨川沿い。京都市左京区、貴船周辺
 
合わせて読みたい関連記事
  • 三条大橋

    京都市内中心部、緩やかに流れる鴨川にかけられている三条大橋。三条大橋の歴史は古く、豊臣秀吉の時代には既に...

  • 先斗町

    先斗町とは、北から南へと流れる鴨川沿い、三条通を一筋下がった通から、四条通にかけて、南北約500mあまり...

客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング