京都の奥深い魅力を伝える大人のための観光案内ローカルメディア

京都通 京都観光スポット案内  >  50音順で探す  >  た行  > 東映太秦映画村

東映太秦映画村

日本映画の歴史の始まり、その先駆けとなった場所である京都太秦。東映太秦映画村の周辺では、今も数多くの時代劇作品が制作され続けています。


日本における映画の歴史は京都の町からスタートしたと言われます。1908年に京都で「本能寺合戦」というタイトルの活動写真が作られて以来、京都市内に映画撮影所が次々と設立され、大きな産業へと成長を遂げました。


現在でも数多くの映画、ドラマの撮影舞台として登場する京都。中でも時代劇の多くは京都で撮影され、現在でも東映京都スタジオ、松竹京都映画撮影所などでは時代劇スター、制作関係者の姿を見る事ができます。


東映太秦映画村は、京都が誇る映画の一大テーマパークとして、老若男女を問わず、毎年多くの旅人が訪れる観光スポットとして有名です。特に時代劇ファンにとっては、テレビで見慣れた風景が広がるスポットとして知られます。


東映太秦映画村では、実際のテレビ時代劇の撮影に出会える機会もあります。また旅人は、プロのスタッフたちの着付、メイクなどを受けて町人や武士、町娘などの姿に変身して、江戸時代の町の中を歩く事ができるなどユニークなサービスも行っています。


時代劇ファンにとってさらに嬉しいのは、「ラストサムライ」への出演や、日本一の斬られ役としても名高い、俳優の福本清三さんの時代劇ショーです。「斬られた回数は5万回」とも言われ、誰もが目にした事のある福本さんの雄姿に出会えます。


昔ながらの時代劇の風景に出会える、そして旅人自身も時代劇スターになった気分を体験する事ができる、東映太秦映画村は大人にとっても刺激的な場所なのです。


この観光スポットのアクセス情報

名称 東映太秦映画村 (とうえいうずまさえいがむら)
所在地 京都府京都市右京区太秦東蜂ヶ岡町10
最寄駅 京福電車「太秦広隆寺駅」から徒歩5分。京都バス「太秦映画村前」すぐ
営業時間 9:00~17:00 (12月~2月中は9:30~16:00)
入場料金 大人¥2,200(個人) 中・高生¥1,300 子供¥1,100
 
客室稼働率80%超!京都の宿泊選びはお早めに
平均稼働率は常時83.6% ハイシーズンにもご注意を 評判の宿ほど予約が重要
京都市内の主要ホテルの2012年度の平均客室稼働率は83.6%(日本ホテル協会京都支部調べ) 桜の咲く春、GW、紅葉の美しい秋、年末年始や夏休み、連休や週末は1ヶ月前で満室という事も 評判の隠れ家宿、メディアで取り上げられる宿、リーズナブルな宿ほど早めの問合わせが重要
京都の宿人気ランキング
国内人気ツアー情報

口コミ評判投稿数ランキング